読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生、沼だらけ

ハマるなんて一瞬

高校の先生になって貰いたいから妄想したんです。

 

 

松本くんの映画、【 ナラタージュ 】

特報映像が解禁になりましたね。

 

 

原作を知っているのですが、

特報を見ても楽しみで仕方ないですな。

有村架純ちゃんの可愛さも相変わらず爆発してるし。

 

 

 

 

…ということで。先生ですよ。

 

どうしても 禁断の恋 的なものはドキドキするし、ワクワクするし、なんかちょっとえっちぃし。笑

 

しかも 学校 だからね。

あーーー、青い春だわー。

 

 

 

 

 

 

はいはい、分かった分かったから。

 

 相手にされなかったり。

 

 

 

何で俺やねん…。こんなおっさん…。

 

呆れられたり。

 

 

 

二宮和也 渋谷すばる  )

 

 

 

 

二宮和也 ( 担任 )

--------------------------------------------------

 

あ〜、今日もかっこいい。可愛い。少し髪の毛切ったのかな。あー、好き。そんな事ばかり毎日毎日先生の顔を見ては思う日常。学校に来るのは先生がいるからで、明日が楽しみなのも先生のおかげ。

「センセ!」と廊下で呼ぶと、振り返り私の顔を見るなりあからさまに嫌な顔をする。「…はいはい、なに」それでも目を合わせてくれる先生。優しい。だから恋をする。何度だって好きになる。

「今日もかっこいいね」「はいはい、分かったから。」「好き、大好き」「お前なぁ、ここ学校だぞ 」とため息つかれる。「 知ってるよ。学校じゃなきゃいいの?じゃあデートし…」「しない 」即答で断られる。

「 あああ、もう…」駄々をこねるとまた呆れた顔をする。迷惑…なのは分かってるんだけど。分かってるけど好きなんだもん。シュン、とすると先生は優しい顔で笑った。

 

 

「 まぁ、頑張れ。あと一年。

 

 

頭をポンと、撫でてスタスタと歩いて行った。じんわりと残る匂いと重さの余韻。あと一年。あと一年頑張ったら、期待していい?それとも言葉のあや? ……へへ、何でもいいや。たくさん話せた。先生?今日も好きでした。

 

 

 

「 ……あと一年頑張るのは俺の方ですね  」

 

 

 

卒業まであと一年。

 

 

 

 

 

渋谷すばる ( 音楽 )
--------------------------------------------------

 

 

「 先生!」「……またお前か 」

「来たよ!」「呼んでへん」

先生は学校にいる間は大体音楽室にいるか、隣校舎の空き部屋でギター弾いてるか、美術室の安田先生のところにいる。今日は隣校舎。放課後の日課は、すばる先生を探すこと。「も〜なんやねん、いっつもいっつも」面倒くさそうにこぼす先生。

「どんだけ好きやねん 」その質問に答えるには一言じゃ表せないほどだよ?んー…と深く考えたら「ああ、良い。そこまで興味ない」なんてバッサリ。相変わらず冷たい塩対応だ。

「飽きひんのか」「全く!」「ほら…あのイケメンおるやん」「……誰のこと?」「あの〜…同じクラスの顔が濃いやつとか、でかいやつとか」「錦戸くんと大倉くん?笑」「そんな感じのやつ」いつも何時も全くもって適当。それが先生。「私はすばる先生派。」「なんで俺やねん、こんなおっさん。」「それでもすばる先生なの」じっと見つめながら言うと小さなため息をついて「……阿保や」と言う。

先生はギターを持って軽く弾き始める。この時間が何よりも好き。今日頑張って良かった。夕日が教室に差し込んで、こんな綺麗な横顔他に誰もいないよ?

嫌々言いながらも 「出て行け」とは言わない先生。自分の時間なのに。冷たいけど、呆れられてるけど、やっぱり優しい。ほら、今日も聞いてくれるんでしょ?

 

 

「 なに聞きたいん 」

 

 

叶わなくても良いから、この時間だけは奪われたくないんだ。

 

 

「 先生の事がもっと好きになる曲 」

「 どこまで堕ちる気やねん 」

 

 

先生にだったらどこまでも。

 

 


--------------------------------------------------

 

 

 

ハッッッ!!

書いててニヤニヤが止まりません!!

 

高校の時に先生に恋するほどイケメンじゃなかったなぁ〜…()

 

自己満の最高潮なんで、需要は知りません✌︎

読んでいただき、感謝です。

 

 

 

#ふーにの